アディダス スタンスミス

z-D67361-01一体何回買っただろうこの靴。5回くらい買ってる気がする。フランス製のやつ、できのあんまりよくないもの、赤色の、黒色の…。やはり結構買っている。一番多く買った靴はエアモックなのだけど。あれは好きで10足は購入したはず。

それなりによくできているとは思うのだけど、やはり昔のものとは別物だ。まず革質が全然違う。ソフトレザーとかいうのになっていて、妙に柔らかくて光沢が足りない。あとはほっそり感も少し足りないように思う。アイレットの幅が広いというか。もっと狭くてもいい。履きやすさなんか考えるとこっちの方が上なんだろうけど、どうしても昔の記憶があるからそちらがいいと思ってしまう。

しかしながら結構ヘビーローテションで履いているので、実は結構満足しているのかもしれない。

 

グッバイ、スピリッツ&ヤンマガ

少し前、実に25年以上購読し続けたビックコミックスピリッツとヤングマガジンの購読を止めた。理由は単純につまらなくなってしまったので。本当ただそれだけだ。

随分と長く購読したので、それぞれにつまらない時期というのも存在はしたのだけど、いつの間にかまた面白さが復活したりして購読し続けてきた。しかしながらここ最近のつまらなさはどうしようもなく、お金を払えなくなってしまったので購読を止めたのだ。

そもそも雑誌を買わなくなった。一時期は、上記の二紙に加えてマガジン、モーニング、SPA、各ファッション誌等も買っていた時期もあってやたら雑誌を買っていたのだけど、もはや皆無だ。本は好きなのだけど、買いたいと思える雑誌がなくなってしまった。見たいと思うテレビ番組がなくなってしまったのと同じなのだろうか。

買わなくなってしまった理由としてはやはりインターネットが大きいように思う。情報はインターネットから取ればいいし、お金もかからない。雑誌はいずれゴミになってしまうし。そして買うのは芸術系の本や漫画ばかりになってしまった。

随分と時代って変わったよね。

アニメ鑑賞

『キルラキル』、『サイコパス』面白かった。『キルラキル』、どう見ても色々ど根性ガエルにしか見えなくて最高。『サイコパス』はどう見てもP.K.ディックで最高だった。

WORKERS展示会

IMG_0965WORKERSの展示会に行って来た。ここ数年WORKERSの洋服を着ていることが多く、展示会は毎回楽しみにしている。今回もなかなか魅力的なプロダクトが揃っていて、さらにお小遣いがなくなりそうだ。

そもそもの出会いは数年前にたまたま見かけたサイトがWORKERSだった。定期的に見ている内に商品を作り始めて、最初に買ったのはニュースペーパーバッグだった。その後ワークシャツやらジャケットやらズボンやらあれよあれよという間に商品も増えて、すっかり手持ちも増えていった。

魅力的に感じるのはありそうでないものを、適正な価格で提供してくれているところだ。単なるレプリカって最早何の魅力も感じないのだけど、WORKERSのものはちゃんとひねったりアレンジされてりしている。価格も安いかといえばそうは思わないのだけど、同じような値段出すならWORKERSの方が全然面白いし、出来も良いように思われる。

代表の方とお話しても本当に洋服が好きそうに感じるし、大して洋服に詳しくない自分でも全体的に面白がれるのがWORKERSの魅力ではないだろうか。今後も面白い洋服を作り続けて欲しい。

adidas Campus’80S

IMG_0959最近スニーカーってあまり買わなくなったけど春になると欲しくなって毎年買っているような気がする。久々に買ったスニーカーはアディダスのキャンパス80’S。今までもキャンパスの復刻っていくつもあったのだけど、全体的にでっぷりと太っている印象になっていてあんまり好きではなかったのだけど、これは当時のシュッとしたシェイプになっている。なかなか良い出来だ。

色はなんとも言えない水色と緑の中間みたいな色。こういう中途半端な色って好きなんだよね。もちろん定番の黒や紺もいいのだけど、何だかこういうおかしな色を買ってしまう。案外合わせやすいし使い道は沢山あるかな。

とは言え、数年前に買ったスーパースター80’Sの真っ白も大して履いていないので、これも大して履かないのかもしれない。というかそろそろ靴を処分し始めないと置き場所がなくなってきた。

POKIT クラッシックカプセルショルダーバッグM

unnamed相変わらずカバンが悩ましい。故にまた買ってしまった。このPOKITの定番カプセルショルダー、お値段はさっぱりかわいくないが機能性はなかなか良い。

まず大きさ。MサイズでMacBook Airを入れて少し余るくらい。被せる部分がカプセル状に立体的に作られているので見た目よりも容量があり、その他のものも余裕で入る。背の部分にスポンジパッドが入っているようなので、体にフィットして重さがあまり感じられない。これはなかなかびっくりした。

使われている部材、全体的なデザインも安っぽさがなくてなかなか気に入った。唯一の難点は猫毛がつきやすいということだろうか。この手の目が細かいコットン素材ってどうしても静電気が発生しやすいのか、猫毛がついてしまう。仕方がないので使う前にコロコロをかけてから出かけている。

そろそろカバンは打ち止めにするかな。

HINSON N3Bジャケット

n3b元来洋服好きなので冬用のジャケットやジャンパー等もかなりの量を持っている。正直もう必要がない気もするのだけど、そこは業が深いのでどうも買ってしまう。もう押し入れはパンパンだ…。

温かいダウンジャケットが欲しい。ここ数年はCANADA GOOSEの真っ赤なダウンジャケットをしょっちゅう着ている。かなり温かいので着すぎてしまってクリーニングに出しても取れない薄汚れが目立つようになってきてしまった。15年以上前に購入したパタゴニアの二代目ダスパーカー(古着で妙にプレミアがついていてびっくり)もあるのだけど、こちらも汚れが少し気になるのとサイズ感が今時からすると少々大きい。

新しいCANADA GOOSEのジャケットでも買おうかと思ったが、町中で見かけすぎるし、値段も高い。色々考えた結果、SONTAKUが恐らく商標を取って展開しているHINSONのダウン入りN3Bジャケットを購入した。

去年のリリース段階で少し欲しいと思ったこのジャケット。値段が中途半端に高いので見送っていた。この値段だったら少し足してCANADA GOOSEかなあなんて考えていたのだ。が、去年末にバーゲンで結構下がった。フーンと思っていたら更に今年に入って更に下がって、大体半額になったので購入を決定した。

実際到着してみての感想。シルエットはなかなか細身で良い感じ。ダウンなのでかなり温かいし、細身とはいえそこそこ余裕もあるので中に着込める感じも良い。N3Bらしいフードのファーはないのだけど、あれはあったところで邪魔なのでなくても良いだろう。とにかく軽いのも楽だ。

N-3Bの形ってバランスが良いように思う。着丈やフード、フロントに付いているフック等全体的に機能性から来る調和が取れている。ただ本気のミリタリー物だと、あのフライトジャケット独特の質感があまり好きではないので、これくらいカジュアルな方が良い。

これで今年の冬は乗り切れそうな気がしてきた。